上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
客人家族が遊びに来てくれました。
それもよりによって雪の日に。

アメリカツアーの客人旦那「ちはさん」実家の仙台から連絡がきた時の、
山形の天気予報は90%雪。
この冬初の寒波!積雪予報。
大宮からノーマルタイヤで来た客人家族。
「帰りのコトを考えて断念した方がいい・・・。」
と、言ったにも関わらず来ちゃった。

一泊した次の朝、予報通り雪…。
結構な雪。
地元の人も驚く11月の大雪。
よりによってこんな日に来るなんで…。
もちろん高速道路はチェーン規制。
路面の雪が解けるのを待ってチェーンを買いに行くコトに。
無事を祈る…

結局コレを使うことなく無事に帰宅できてよかった。
でもホントによりによって…。

ジブンがガイドした、ツアーの客人同士が結婚して、
子供が生まれて、そんな家族を見ていると、
なんだかとっても感慨深くなってしまった。
とっても楽しい時間をありがとう。
ちはさん、たこちゃん、りょうちゃん。また会えるのを楽しみに。
カナダツアー10周年イベント出きるといいね。
スポンサーサイト
客人というコトを忘れてしまう位の友達から、
来週末、埼玉から家族で遊びに来るってメールがありました。

この客人、
奥さんは
カナディアンロッキーツーリングとアメリカ大西部ツアーに参加してくれて、
旦那さんは
そのアメリカ大西部ツアーで一緒だった人。
ワタシのガイドツアー客人同士で誕生した夫婦。
待ちに待った子供も誕生してワタシもとってもうれしいよ。

アメリカツアー中から2人をくっつける作戦はジワジワと実行されていたのです。 
でも結婚するとは…  
           (ってそんな。)

結婚してから、2人で何度もツーリング途中遊びに来てくれたし、
何度も何度も再会してるけど、
よくよく考えたら紹介するのは始めて。
ブログも中断してたしね。
来週、ちはさん、たこさん、りょうちんに会えるの楽しみにしてるよ。

ザイオン国立公園
<ユタ州 ザイオン国立公園>

ちょうどこのポイントで、たこさん立ちゴケしちゃったんだよね。
傷、消えたかな?
実はずっと気になってます。
hirose.jpg


客人と再会した。
先週末、愛知県から片道700km以上も、約10時間もかけて、
納車2日目のMITSUBISHI D-5で来てくれました。
KenちゃんとShokoちゃん夫婦は、
カナディアンロッキーツーリングに新婚旅行で参加してくれたお客様。
今では、客人だったって事を忘れてしまいそうな程の親友になってます。
カナダツアーに参加してくれた翌年には、
アメリカ大西部を旅するツアーに参加してくれて、
そのツアーの参加者の中にワタシのダンナ、Reiがいたんです。
もともとこのツアーのガイド予定ではなかったワタシ。
でもShokoちゃんが「ガイドしてくれるならツアーに参加する!」
ってうれしいコトを言ってくれて、急遽ガイドがワタシに変更になったんだよな。
ってコトはこの二人がいなかったらReiとは出合ってもいなかったってコト。
すごいな~。

蔵王のお釜を見に行って、「日本じゃないみたい!」って感動して、
みんなで見たカナダの湖の色に似てたよね。
蔵王の大露天風呂に入って、肉そば食べて・・・。
本当に楽しい楽しい時間をありがとう。
また再会出きる日を楽しみに。
050423haradasans.jpg

客人と再会した。
【客人からのハガキ。】で紹介した方だ。
実に7年ぶりの再会だった。

7年前、定年退職後にカナダツーリングに参加して下さったその客人は、
そのカナダツーリングをきっかけに、いろんな国と地域をツーリングしたらしい。
ドイツ、
スペイン、
アメリカ、
ハワイ、
オーストラリア、
タイ・・・。

本当にびっくりした。
と同時に、その行動力には感心してしまう。

定年前まで乗っていた、Kawasakiのアメリカンスタイルのバイク、バルカンを、
 「コーナーをうまく曲がってくれないから。」という理由で、
KawasakiGPZ1100に乗り換えたらしい。
GPZ1100はバルカンと違って、いわゆる「走る」系のバイクだ。
一緒にツーリングされていたメンバーの皆さんのほとんどは、
BWMに乗っていらして、
 「BMWなんて、グリップヒーターは付いてるし、
  ケーブル差し込めばウェアだって暖かくなるんだよ。
  あんなのバイクじゃないよなぁ。
  暑いのも寒いのも体で感じるのがバイクだろう。」
と、
楽しそうにお話しして下さる姿は、とても60歳代とは思えない。

お酒好きで、紳士的な姿は、以前と全く変わっていなかった。
とても楽しい時間をありがとうございました!
また、お会い出来るコトを楽しみにしています。 
アメリカのホテルでエクソシスト現象?!って話ししたら、

「俺も海外出張とかでホテルに泊まっている時に、
たまーにですが、本物を見たことありますよ。
夢かもですが、うっすらとですが枕元で話しかけている人がいたり・・・」


とか、

「こないだ行ったミャンマーでももちろん見てきました。日本兵。d(;´Д`)」

とかいう怖~いコメントを頂きましたぁ。
いるんですね。
う~怖~~。

ミャンマーで日本兵見ちゃったひかりんさんが、
日本兵と一緒に帰国しちゃったんじゃないかって心配ですぅ・・・。

海外ほホテルで見ちゃった人、います?
怖いけど教えて~~~。
アメリカのホテルでエクソシスト現象?!ってのを載せたけど、
そういえば、そんな怖いのじゃなくて可愛いのも現れた。

カナディアンロッキーツーリングで、同室だった☆美ちゃん。
彼女は夜な夜な、
グピピピー♪
グピピピー♪

と鳴いていた?!
あれは昔懐かしいドクタースランプのがっちゃんだ。

朝起きた時は、
「夕べもがっちゃん出てきて元気だったよ~。」
と朝の報告??!!

彼女はツアー後、何度もウチに泊まりに来たし、
国内旅行もした。
その度に夜な夜ながっちゃんは現れた。

今日もがっちゃん元気にしてるかな~?
us03012s.jpg

あるアメリカ横断ツアーで、毎晩毎晩エクソシスト現象に悩んだコトがあった。
アメリカ横断、LA~NYまで18泊ほぼ毎日・・・。
ベットに横たわる女性が、突然上半身を起き上がらせ、
何か大声で叫ぶ。
叫んだと思ったら、バタンッ!!と、何事も無かったようにまた横になる。
こんなコトが毎日、ワタシのベッドの隣で繰り返されたのだ・・・。

あ~、あれこそまさしくエクソシスト??

ツアー中は、お客様とツインルームに同室するコトが多い。
といっても、女性一人での参加は少ないので、ほとんどの場合が、
ワタシ一人で一部屋を利用するコトが多い。
このアメリカ横断ツーリングは、女性一人の客人がいたので、
18泊をこの女性と同室するコトになった。

LAでの1泊目の夜、その現象は起こった。

女性の、うなされる不気味な声。
はっと飛び起きると、隣のベッドに寝ていた客人が、何かを叫んだと思ったら、
またバタンッと倒れこんだ。

「きっと、時差と初めての海外で疲れたんだろう・・・。」

しかし、次の日も次の日も・・・、毎日それは続いたのだ。
そして何日か後、またしても上半身起き上がって、
今度は首だけワタシの方を向いて何か話しかけている。
目は大きく開いたまま・・・。
ワタシは怖くなって思わずベッドに潜り込んだ。

翌朝その話しを始めて彼女にすると、
「やっぱり出ちゃいました?ごめんなさいね。ビックリさせて。
私、以前からそうみたいなんですよ。
みんなに怖い怖いって言われて・・・。でも全然覚えてないんですよね。
あ、それと幾ら私が話し掛けても、話し返さないで下さいね。
無意識の人に話しかけると良くないらしいですよ。」


ってそんなぁ。
わかってたなら言ってよ~。
って言うか、怖すぎるんだよ~。
はじめっから、シングル取ってよ~。

タダでさえハードなアメリカ横断6,500kmツーリング。
ワタシは寝不足でひどい目にあった。

それにしてもいろんな客人がいるでしょ。
本当の話しです。
あの彼女、結婚したのかな?
隣に寝てる人、大丈夫かなぁ~?!

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。